# 貧困

日本人、「他人にやさしくない」うえに「貧乏」になってきていた…!

「自己責任」が行き着く先にあるもの
「日本人はやさしい国民だ」という主張をよく聞くが、はたして本当なのだろうか? 【前編】『実は日本人が、「他人を助けない不親切な国民」になっていた…!』では、各種アンケートや実験を手掛かりにして必ずしもそうとは言えないことを示した。引き続き新刊『やさしくない国ニッポンの政治経済学』から、貧困化が進む日本人の実態について、一部編集のうえで紹介しよう。

どんどん貧しくなっていく日本

一方で、日本はどんどん「貧しい国」になってきているようだ。「豊かさ」の定義はいろいろあるが、ここでは物質的な豊かさを考えてみたい。

国全体で見た場合、中国には抜かれたが、日本はまだ国内総生産(GDP)では世界3位を守っている。しかし、非労働力である高齢者の増加などが影響しているとはいえ、1人あたり国内総生産で見ると、先進国37ヵ国中 (OECD加盟国)、2019年のコロナ前の時点で、すでに18位に落ち込んでいる(17位がフランス、19位が韓国)。

Photo by iStock
 

スイスの国際経営開発研究所(IMD)がサーベイなども含めて、より多角的なデータに基づいて発表している「世界競争力ランキング2020 (World Competitiveness Ranking 2020)」でも、日本は63ヵ国・地域中34位と、中位に沈んでいる。

企業の競争力を見ても、アメリカの経済誌『フォーブス』が2019年に発表した世界のIT企業トップ10に日本企業は1社もなく、トップ100にようやく13位のソフトバンクを筆頭に16社が入っている(https://www.forbes.com/top-digital-companies/list/)。

関連記事

おすすめの記事