9月に「上原ひろみ ザ・ピアノ・クインテット」名義で弦楽四重奏とのコラボによるアルバム『シルヴァー・ライニング・スイート』をリリースした上原ひろみさん。日本人アーティスト唯一となるブルーノート・ニューヨークでの13年連続公演を開催、世界中で愛されるピアニストの彼女の魅力にせまるインタビュー後編。

前編では、音楽一家というわけではない、ごく普通の家庭で育ったという上原さんが、どのように世界的なピアニストになっていったのかを、「習い事」として始めた6歳の頃にさかのぼってお伝えした。後編では世界中を飛び回って音楽で人とつながっていた上原さんが、新型コロナの猛威に直面してからのことをお送りする。

Photo by Aya Kishimoto
上原ひろみ(うえはら・ひろみ)
1979年静岡県浜松市生まれ。6歳よりピアノをはじめ、同時にヤマハ音楽教室で作曲を学ぶ。1999年ボストンのバークリー音楽院に入学。在学中にジャズの名門テラークと契約し、2003年アルバム「Another Mind」でデビュー。11年、スタンリー・クラークとのプロジェクト作「スタンリー・クラーク・バンド フィーチャリング上原ひろみ」で第53回グラミー賞「ベスト・コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞」を受賞。17年には、日本人アーティスト唯一となるブルーノート・ニューヨークでの13年連続公演を開催。20年8月からは、ブルーノート東京にてシリーズ企画「SAVE LIVE MUSIC」を展開している。21年7月、東京2020オリンピック開会式に出演。
-AD-

ライブがすべてキャンセルに

昨年の3月、上原さんはサンフランシスコにいた。翌日からの公演を控える中、新型コロナウィルス感染拡大のあおりで、カリフォルニア州に緊急事態宣言が発令され、その瞬間、サンフランシスコとロサンゼルスで開催されるはずだったライブがすべてキャンセルになった。

「ハワイ、東海岸、カナダ……。毎週のように、『この公演がキャンセルになりました』と連絡がきて、『この先、どうなってしまうんだろう?』と不安でした。新型コロナウィルスというものが未知すぎて、何とどう向かい合っていいか分からないだけでなく、一体何が起こっているのかもわからない状況で。それまで体験したことのない世の中全体を包むような、漠然とした不安に襲われました」

5月の東京JAZZも無観客配信で行われることなり、6〜8月にかけての夏フェスも全部中止になった。

「ミュージシャン仲間や、音楽を生業にしている人たちと話すたびに、『まずい、仕事がない』『この先どうやって生きていこう?』と誰もが不安を口にしていました。それでも最初はみんな希望を持っていて、『夏は無理でも秋ぐらいには』と言っていたのが、夏になると、『秋も無理だろうな』とわかってくる。私も、2020年に決まっていたツアーが全部キャンセルになりました。本来なら、2020年はほとんど日本にいない予定だったのが、国境が閉ざされてしまって海外にツアーに出られない。海外のミュージシャンも来日できない。八方塞がりの状態でした」

世界を飛び回ってのコンサートが日常だった…写真は2017年12月8日、すみだトリフォニーホール(with エドマール・カスタネーダ) Photo by 広瀬誠