# アニメ

『ルパン三世』最終回で、宮崎駿がルパンを「ほぼ登場させなかった」深い理由

名作「さらば愛しきルパンよ」の謎
※10月15日に放送される金曜ロードショー『アニメ化50周年記念「みんなが選んだルパン三世」第1弾TVシリーズセレクション』の内容に関する記述を含んでいます。

「いままでのルパンは全部ニセモノ」

10月15日、金曜ロードショーで『ルパン三世』アニメ化50周年を記念し、過去のテレビシリーズ作品の4話が放送される。

これらは最新シリーズである『ルパン三世 PART6』を除き、1971年に放送を開始した『ルパン三世(第1シリーズ)』(以下『旧ルパン』)から2018年の『ルパン三世 PART5』まで、過去5つのテレビシリーズ全276話の中からファン投票によって選ばれた4作で、順位とタイトル、該当シリーズと初回放送日は以下の通り。

金曜ロードショー公式サイトより
第1位『さらば愛しきルパンよ』(『ルパン三世(第2シリーズ)』第155話1980年10月6日)
第2位『ルパンは燃えているか……?!』((『旧ルパン』第1話1971年10月24日)
第3位『ルパン三世は永遠に』(『ルパン三世 PART5』第24話2018年9月19日)
第4位『死の翼アルバトロス』((『ルパン三世(第2シリーズ)』第145話1980年7月28日
 

注目すべきは、第2シリーズともいうべき1977年放送開始の『ルパン三世』(以下『新ルパン』)から2作、宮崎駿が照樹務名義で絵コンテ・演出を担当した回がランクイン、それも『さらば愛しきルパンよ』が第1位に選ばれていることだ。

関連記事

おすすめの記事