主にInstagramで「結局怖いのは人間だよね」というテーマで漫画を描き、47万人(2021年10月現在)のフォロワーがいる、ちなきちさん。今までは主にご自身の実体験を中心に漫画を作成していたそうですが、多くの方から「私もこんな怖い体験をしました!」「ぜひエピソードを漫画化してほしい!」という意見があり、現在はエピソードを公募し、漫画化したものを投稿しています。

その中でも一番反響が大きかった「その人って本当にママ友ですか?」シリーズ。約4か月に渡って連載をし、その間でフォロワーが10万人増え、1話ごとに100万人ほどの方に読まれたそう。そんな大人気漫画の第10話・前編です。

怒りがおさまらないママ友

この実話のすべての発端は、サキさんがワンオペ育児でつらいときに出会い、仲良くしていたママ友が、サキさんのワンピースや結婚指輪を盗んだという疑惑でした。しかし、そこから想像もしていなかった展開になり、実はママ友がサキさんの旦那さんのかつての同僚で、しかも旦那さんに遊ばれて当時の婚約者と婚約破棄までしたM沢という女性だったことが判明したのです。

過去の辛い思い出に囚われ、いまだに旦那さんのことを許せずにいるママ友。「自分の行いが間違っていること」は理解しているけれど、気持ちのやり場が無い。サキさんの旦那さんから謝罪をされても、感情が収まりません。「もっと誠心誠意詫びてよ!」ママ友の強い主張に対して「誠意」を見せようと、旦那さんが地に足を付けたかけたところへ背後から声が。

「ちょっと待ってください」

声をかけたのは一体誰なのでしょうか…。

それでは続きをご覧ください。

-AD-
漫画/ちなきち