2021.10.15
# 日本株

「岸田ショック」のウラで、今から仕込んでおきたい「日本株」10銘柄の全実名

ポイントは「政策の4本柱」だった
安恒 理 プロフィール

同じ太陽光発電関連で注目される銘柄にウエストホールディングス(1407)がある。同社は太陽光発電所の建設・保守を全国で展開。中古発電所の再生事業も手掛け、電力小売りも行なう。

旺盛な需要に対し技術者の確保に奔走し、また電気工事会社のM&Aにも積極姿勢を見せている。業績も好調。営業利益は右肩上がりに成長し、最終利益も連続で最高益を更新し続けている。今期末、来期もその流れは続くと見られる。

株価も水準を切り上げている。今年に入ってから株価は急騰。9月に入って6000円超えをつけたが、現在は5000円水準まで調整している。もう一段の押し目があれば、積極的に拾いたいところだ。

Photo by iStock
 

「脱炭素時代」というキーワードで銘柄を見ていくと、KOA(6999)が注目を浴びるだろう。

同社の主力製品は電子部品だが、具体的には抵抗器。電子回路に欠かせない部品で、とくに固定抵抗器では世界シェアトップクラスを誇る。

工作機械など幅広い分野で使用されているが、とくに強みを持つのが電動車(EV)だ。脱炭素が声高に叫ばれる昨今、同社製品の引き合いはますます強くなっていく。

業績は申し分ない。22年3月期、23年3月期ともに営業利益は急伸、最終利益は連続で最高益となるだろう。

関連記事

おすすめの記事