「軽井沢の別荘」を買って家族が「バラバラ」になった、元商社マンの悲しい末路

子どもや孫とは疎遠に…

大手商社を定年退職し、2500万円で購入した軽井沢の別荘に移り住んだ寺田吾郎さん(仮名・72歳)。妻と二人で夢のようなセカンドライフを送りつつ、「将来的には子どもたちが相続してくれればいい」と考えていたことは、【前編】『2500万で「軽井沢の別荘」を買って大後悔した、元エリート商社マンの悲惨な老後』でも紹介した通りだ。しかし寺田さんの老後の設計は、何から何まで「崩壊」していくことになる……。

理想の暮らしに、暗い影が…

そんな暮らしも長くは続かなかった。妻にがんが見つかったのだ。

「胃がんでした。宣告されたときにはステージ4、いわゆる末期がんです。転移が進んでいて、病状は日に日に悪くなっていきました。宣告から旅立つまで2年、あっという間でした……」

Photo by iStock
 

懸命に看病した寺田さんだったが、住まいが別荘地であるゆえの苦労もあったという。

「病院は少なくはないのですが、高度ながん治療を受けられる施設が近くになくて。通院や、在宅での緩和ケアに移行してから往診を手配するのも苦労しました。子ども2人も時々見舞いに来てくれましたが、仕事があるのでマメには来られません。

看病はほとんど私がやりましたし、家事も最低限のことはなんとか済ませて……。妻も辛かったでしょうが、私にとっても苦しい2年間でした」

あまりにも早く妻が旅立ってしまい、寺田さんは次第に寂しさを募らせていく。家庭菜園や料理への興味も薄れ、東京で家庭を持った子どもたちが孫を連れて時々遊びに来てくれることだけが唯一の楽しみ。充実した老後を送るための別荘だったが、一人暮らしではやはり不自由なことの方が多いのだ。

関連記事

おすすめの記事