2500万で「軽井沢の別荘」を買って大後悔した、元エリート商社マンの悲惨な老後

「負動産」になってしまった…

「成功者の証」であり「憧れの象徴」でもある別荘。明治以降、西洋風の別荘レジャーは政治家や華族、財閥などの特権階級にだけ許された楽しみだったが、昭和にかけて徐々に一般化していき、1990年代のバブル期には空前の別荘ブームが起こった。

伊豆や軽井沢、那須などの高級別荘地をはじめ全国各地でディベロッパーによる開発が行われ、富裕層のみならずサラリーマンもこぞって別荘を購入するようになる。まさに別荘は不動産バブルを象徴するムーブメントだったのだ。

それから30年。バブル崩壊とともに景気は低迷し、別荘の需要も衰退した。値上がりへの期待も裏切られ、今ではワンコインや1円など信じられない価格で「投げ売り」される別荘が急増しているというのだ。

「憧れの象徴」だったはずの別荘が、破格で売られるようになってしまったのはなぜか――今回の記事では「投げ売りされる別荘」の背景を解説したい。

Photo by iStock
 

将来は子どもの資産になる……はずだった

「週末は別荘で家族の時間を楽しんで、老後はそこでセカンドライフを送るのが夢でした。これからも地価が上がると信じていたし、いずれは子どもに資産として遺せると思っていたんです」

肩を落として話すのは寺田吾郎さん(仮名・72歳、元商社勤務)。30年ほど前に約2500万円で購入した軽井沢の別荘で一人暮らしをしている。現役時代は都内の誰もが知る大手商社でバリバリ働く企業戦士だった。子どもは30代の娘と息子が1人ずつ。それぞれ所帯をもち、都内で暮らしている。

関連記事

おすすめの記事