マラソンが楽になる「呼吸法」は存在するのか?

呼吸を科学する—シリーズ第2回
石田 浩司 プロフィール

ジョギング時のおすすめの呼吸法は?

ジョギングをするときなど、意識的に同調させたいと思うなら、小学生の頃に教えてもらったように、腕振りに合わせて「スースー、ハッハッ」とリズムを作るといいでしょう。また、息を吐く時は1回にして、「スースー、ハー」でもいいかもしれません。

photo by gettyimages

いろいろなリズムをためしてみて、自分に合った呼吸リズムを見つけてください。とくに呼吸が不安定な人は、走るペースも不安定になっているはずです。

なるべく一定のリズムで呼吸し、ペースが変わったら、それに合わせて呼吸リズムも変えましょう。その時も、しっかり息を吐くこと。息を吐くことによって、次の吸気が起こるのです。

呼吸の科学 いのちを支える驚きのメカニズム

生命活動の根源ともいえる「呼吸」。一生の間に6〜7億回「呼吸」をするといわれています。驚異のメカニズム「呼吸」の研究の第一人者として知られる著者が徹底解説します。

くわしくは https://gendai.ismedia.jp/list/books/bluebacks/9784065258583 で

amazonはこちら

関連記事