映画『ドライブ・マイ・カー』公式サイトより

アカデミー賞“日本代表”の『ドライブ・マイ・カー』を「死者の霊」から読み解く

反響する「私が殺した…」の不気味さ

「私が殺した…私が殺した…私が殺した…」

濱口竜介監督の映画『ドライブ・マイ・カー』の重要なシーンで、岡田将生演じる高槻耕史はこの言葉をまるで呪いをかけるかのように繰り返し口にする。

高槻は、渡利みさき(三浦透子)が運転する赤いサーブの車内で、不倫関係にあった今は亡き家福音(霧島れいか)から聴いた物語を、その夫である家福悠介(西島秀俊)に語り直すのだが、「私が殺した」という言葉は、単なる「物語の締めくくり」であることを超えて、狭い密室内で不穏に反響する。

この言葉はどうしてそれほどまでに力を持つのだろうか。結論を先取りして言えば、それはこの言葉が車内にいる高槻、家福、みさきの3人がそれぞれに人を「殺した」ことを言い当ててしまうからだろう。奇異に聞こえるかもしれないが、ここでは〈降霊術〉を手がかりに、この言葉の不気味さについて考えてみたい。盛大にネタバレするので、未見の方はご注意願いたい。

「ドライブ・マイ・カー」ティザービジュアル
 
『ドライブ・マイ・カー』あらすじ
舞台俳優であり演出家の家福(かふく)は、愛する妻の音(おと)と満ち足りた日々を送っていた。しかし、音は秘密を残して突然この世からいなくなってしまう――。2年後、広島での演劇祭に愛車で向かった家福は、ある過去をもつ寡黙な専属ドライバーのみさきと出会う。さらに、かつて音から紹介された俳優・高槻の姿をオーディションで見つけるが…。
喪失感と“打ち明けられることのなかった秘密”に苛まれてきた家福。みさきと過ごし、お互いの過去を明かすなかで、家福はそれまで目を背けてきたあることに気づかされていく。(映画『ドライブ・マイ・カー』公式サイトより)

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/