2021.10.20
# 日本株

カリスマ直伝…「高配当」「値上がり」でめちゃトク&儲かる「すごい株主優待銘柄」全実名

まる子 プロフィール

株価も業績も上がっていく

最後に、海外との行き来が出来るようになったら業績も上がりそうな銘柄を2つ。

海外系の株主優待銘柄
拡大画像表示
 

ビジョン(9416)はWebマーケティング事業とレンタルWi-Fiルーター事業を行っています。国内外の移動が解除になれば、レンタルWi-Fiルーター事業も収益性が上がるのではと期待できます。

すでに株価は上昇していますが、下がってきたら買いたい銘柄の一つです。優待も6月・12月と年に2回。優待を使って海外旅行に行く際、ストレスフリーでネットを楽しみたいです。

格安旅行商品などの比較サイト『トラベルコ』を運営しているオープンドア(3926)も行き来が活発になれば恩恵を受けそうな銘柄です。優待は3月にクオカード1000円でしたが、2021年は中止。来年復活するか、引きつづき中止が続くのか、株価と業績に注目しています。

ようやく「withコロナ、afterコロナ」での経済活動が再開され、今まで我慢していたお酒をともなう外食や旅行なども楽しめる様になりました。

まだまだ様子見の所もありますが、感染対策を施しながら、2年近く我慢していた楽しみを優待使って再開したいですね。外食系の優待券は期限の延長をしている会社も多く、無駄にせず、新たな生活スタイルと共に楽しみたいです。

関連記事

おすすめの記事