ドラマ『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』を「圧倒的に応援したくなる」理由

杉咲花・杉野遥亮のコンビが素晴らしい
堀井 憲一郎 プロフィール

そして『恋です! 〜ヤンキー君と白杖ガール〜』で、恋愛ドラマのメインの役となった。

心やさしいヤンキー役が合っている。

最初はかなり怖い人として出てくるのだが、すぐに、怖くないしそんなに強くもないかもと落差を感じさせ、見ていてとても落ち着く。見てる者を落ち着かせる役が杉野遥亮らしい。

ときどき小学三年生の直ちゃんに見えることもあるのだが、それもまた、いい。

ついでに、彼の「金魚のフン」友人を戸塚純貴が演じて好感が持てる。

戸塚純貴は脇役を演じて、いつもいい気配を残していく。

7月ドラマ『ナイトドクター』ではヒロイン(波瑠)の恋人役を最初だけ演じていた。プロポーズしそこねて一話で浮気、二話で別れるという、ヒロインの初期設定(失恋して仕事に邁進するキャラ)を確定する捨てゴマのような役どころだったのに、戸塚純貴が演じると、何だか憎めないのだ。浮気する男のくせに、いや、彼だけが悪いわけじゃないよな、とおもわせる存在感がすごいとおもう。

今回のクロカワの友人役も一話からいい味わいである。

 

見事な「行き違い」劇

ストレートな恋愛ドラマだから、男と女に行き違いが起こる。

そもそも、白杖ガール、と、ヤンキー君、だから、立場が違うし、育った環境が違う。目指す世界も違うだろう。

だから行き違う。

でも好きになるから、一緒になろうとする。

第一話でも行き違って、でも仲良くなって、また行き違って、もう一度仲良くなるという展開だった。とてもストレートな展開である。

関連記事

おすすめの記事