2021.10.14
# 認知症

認知症になったら「何もわからなくなる」は間違いです! 当事者の声を聴け

『認知症の私から見える社会』レビュー
田中 香織 プロフィール

どうしたらより良く生きていけるかを考え、備える

 「工夫をするということは生きているってことだ」と、ある当事者が言っていました。

という言葉は、認知症の当事者だけでなく、すべての人の暮らしにも通じているといえる。当事者が暮らしやすい社会は、誰にとっても過ごしやすい社会になるはず、という著者の思いが、こんな一言からもよく伝わってくる。

 

第六章では、主に著者自身の体験とこれからへの思いが記されていた。認知症は現在の医学では防ぐ手段がなく、誰しもに発症する可能性がある。その事実と向き合いながら、自分や近しい人がどうしたらより良く生きていけるかを考え、備えられるように。少しずつ変わっていくためにも、本書を読み返し考え続けたい。

関連記事