民主党政権はそこまでひどかったのか? 安倍政権と比べてみると…

政策実現力と危機対応力を検証

「悪夢の民主党政権」は本当か

珍しいことに、今度の総選挙は、総理大臣が何の実績もない状態での選挙となる。

岸田総理は、国会で所信表明演説をしただけで、ひとつの法律も提案すらしていない。「こういうことをやりたい」と言っているだけで、何もしていない。

現内閣が実績ゼロでの総選挙だ。

「総理としての実績が何もない」ことでは、野党第一党の立憲民主党の枝野幸男代表と同じだ。

いや、枝野代表には何の実績もないが、岸田総理には外務大臣などの要職の経験があるから、政治家としては実績がある――という反論があるかもしれない。しかし枝野代表も、かつての民主党政権では官房長官や経産大臣を歴任している。

岸田総理と枝野代表は、「総理としての実績はないが、政権のひとりだった経験はある」点で同じだ。

いやいや、岸田総理はまだ何もしていないかもしれないが、自民党はずっと政権を担い、うまくやってきたが、枝野代表が前にいた民主党政権はひどかったじゃないか、とても任せられない――そう思っている人も多いだろう。

しかし、本当に民主党政権はひどかったのだろうか。

民主党への批判と言えば、安倍晋三元首相が好む「悪夢の民主党政権」がある。

「何がどう悪夢だったんですか」と質問したら、安倍元首相は「すべてが悪夢だった」とでも答えるだろう。

この民主党への「悪夢」呼ばわりほど、中身のない批判はないが、それゆえにか拡散している。

安倍元首相の、イメージ戦略はなかなかのものだ。

関連記事

おすすめの記事