マイカーの平均車齢が上がるなか、最良の選択は?/photo by iStock
# 自動車

郊外住まいの子持ち夫婦が「初マイカー購入」…!「最良の選択」を考えてみた

クルマの「平均車齢」が伸び続ける中で

子ども夫婦がマイカー購入を検討

乗用車の「平均車齢」が28年連続して高齢化し、26年連続で過去最高齢となっている。自家用乗用車はいつまで乗り続け、買い替え時はいつなのだろうか。

私事だが、筆者の子どもがマイカーを購入した。結婚して、東京都心に近いところに住んでいたのだが、子どもが生まれたのを機に、郊外のそれまでよりも広い住まいに引っ越し。交通インフラが発達している都内に比べ、郊外ではクルマがあった方が何かと便がいいということで、マイカーを購入したのだ。

マイカーの平均車齢が上がるなか、最良の選択は?/photo by iStock

警察庁の運転免許統計によると、19年の運転免許保有者数は初めて減少に転じ、前年比15万6496人(0.19%)減の8215万8428人となった。さらに20年も前年比16万8541人(0.21%)減と2年連続の減少となり、8198万9887人となった。

運転免許証の新規交付数(取得者数)も低迷が続いている。01年から20年までの20年間で、新規交付数が前年比増加したのはわずか6年しかなく、それも前年比1%未満の増加にとどまっている。

これに反して、前年比1%以上減少した年が11年もあり、特に08年は前年比7.7%も新規交付数が減少した。(表1)

表1
 

少子高齢化による人口減少、高齢者の運転免許証の返納数の増加、若者のクルマ離れ、あるいはクルマの維持費が高いなど、様々な理由が複合的に重なり、運転免許保有者数の減少や新規交付数の低迷につながっている。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/