実の親であれ、介護とは簡単なことではない。しかし、もともと謎行動に悩まされていた義理の親が認知症になり、同居して介護することになったら――。
上松容子さんは、実母が認知症となった中、頑固で自分の法則を譲らない義母との同居を優先せざるを得ず、その言動に振り回されていた。お昼を頼んでも食べずに放置したり、医者や看護師のことも「嘘つき」と言ってみてもらおうとしなかったり……。そしてその原因をたどっていくと、幼少期から夫の運動会は来られても一度も見に来ないし、義母のきょうだいの中でも問題があったりと、様々な要因が絡んでいることがわかってくるのだった。

上松容子さんが名前を伏せてリアルを伝える連載「謎義母と私」、今回は「人間関係デストロイヤー」となってしまった義母の大暴れの様子をお伝えする。

容子    20代後半で結婚。現在50代
夫     容子と同い年。営業職
明子    容子と夫の一人娘
実母登志子 昭和ヒト桁生まれ 元編集者を経て専業主婦。認知症で要介護2
義父       東京近郊在住 大正生まれ 中小企業社長
義母トミ子 昭和ヒト桁生まれ 元看護師 専業主婦
上松容子さん「謎義母と私」今までの連載はこちら
-AD-

ヘルパーさん排除事件 その1

義母トミ子は、とにかく人を心から信用することのない人間である。とりわけ、近い関係にある人間……家族や親戚、友人にほんとうの意味で心を許すことがなかった。一方で、赤の他人については無防備にもすぐ信じて、彼らの言に従ったりする。

過去の連載記事でも触れたが、バス停でバス待ちをしているとき隣り合った人と「友だち」になり、家について行ったこともある。通っていたかかりつけ医に診てもらうのがいやになり、立ち話で勧められた病院や歯医者に行きたいとごねたこともあった。
ふつう、人は知り合ってから少しずつ相手の来歴や性格を知っていき、だんだんと信頼関係を深めていくものだが、義母はなぜかその流れが逆になってしまう。親しくなればなるほど疑心暗鬼になり、相手を信用しなくなるのだ。

義母が帯状疱疹を患うずっと前になるが、要介護2に認定されたあと、彼女の性質がたたってヘルパーさんとの間に2回もトラブルが生じた。
1度目は、50代の女性だった。はきはきして生真面目な印象の女性Aさんだ。担当が決まってすぐ、義母はAさんに慣れ、良好な関係を築いていると感じた。たまたま職場から戻ったとき、家事の仕上げをしているところに遭遇した。Aさんと義母は、仲のいい嫁姑のように軽口を叩きあいながら楽しげに会話しており、これなら長くお付き合いできそうだと感じた。

命令されることを心底嫌う

ところが、3カ月ほどすぎたころのこと。私が帰宅すると、義母がいらいらした様子で部屋から出てきて、「もうあの人は嫌いだよ。Aさんは辞めさせてやった!」と大声でまくしたてた。事情を尋ねても、話が支離滅裂で経緯がわからない。困り果ててヘルパーステーションに連絡した。
「うちの義母が、Aさんを辞めさせたと興奮しているのですが、どういうことなのでしょうか?」

-AD-

すると窓口の担当者は、本来ならばこうした事情はご説明しないのですがと前置きして、重い口を開いた。
「Aヘルパーは、今日いつもどおり伺って、掃除のお手伝いと料理のお手伝いをしました。そのとき、電子レンジに入れてはいけないもの……金属のついた器をトミ子様が入れて動かしてしまわれたようなのです。慌てて止めて、いけない理由をお話ししたようなのですが、それがキツい口調にお感じになったらしいのです」

電子レンジ禁止のものが入ると危ない。慌てて止めるのも致し方ないが… Photo by iStock

トミ子は、人から命令されることを心底嫌っている。それが親切な導きだったとしても、自分より上に立って「指導された」と感じると拒絶する。Aさんは、危険を知らせただけのつもりだったはずだが、それこそがトミ子の地雷だったのだ。