GLAY公式HPより

リーダーTAKUROが“コロナ禍”のアルバム制作で見出した「GLAYらしさの本質」

記事前編に引き続き、2年ぶり16枚目のオリジナルアルバム「FREEDOM ONLY」を10月6日にリリースしたGLAYのリーダーのTAKUROがインタビューに応じ、今作に込めた想いや、「コロナ禍」で思うように活動が出来なかった日々で見つけた「バンドの本質」について語った。

(取材・文/白鳥純一 撮影/長田慶)

「自分のための音楽史」

――TAKUROさんは、今作を「自分のための音楽史」と表現されていらっしゃいました。その理由を教えてください。

50歳を迎えたことも大きいんですが、今まで自分に影響を与えてくれた日本の音楽を見直す機会がありました。

これまで30年近く活動してきて、「これぞGLAYサウンドだ!」というものを作り上げられた自負はあるのですが、改めてそれらを紐解いてみると、「先人たちの色々なパーツで出来ているんだなぁ」と感じさせられまして…。

以前から「BOØWYのファンで、強い影響を受けた」とは公言していましたけど、その一方では、早く自分たちのオリジナリティーを手に入れたくて、ルーツを隠すようなアレンジをしていたこともあった。

でも、自分が50歳を迎えるにあたって“素顔”が出てきたんですかね。もっとみんなに知られるべき素敵なバンドが1980〜90年代にはたくさん活動していて、僕らに多くの影響を与えてくれた。そのエッセンスを包み隠さず出したくなったんです。

「FREEDOM ONLY」
 

――「FREEDOM ONLY」は、TAKUROさんにとってどのようなアルバムですか?

アルバムの制作自体は「コロナ禍」の前からスタートしていて、「みんなで踊って騒げるアッパーな曲」も作っていました。でも、「コンサートのあり方」自体すらも問われている時代に、みんなに掛け声をもらって成立するような曲は「合わないかな?」という想いもあって…。じっくりと僕らのルーツに触れてもらえるような穏やかなアルバムに仕上げました。

「コロナ禍」の社会状況にやれやれと思うことも多いなかで、さらりと聴ける。今後、自分たちのキャリアを振り返った時に、「GLAYは2021年に大事なアルバムをリリースした」と思える日がいつか来るんじゃないかなと思います。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/