photo by Hironori Handa
# 新型コロナウイルス

新型コロナの変異株、実はそれほど「凶暴化しない」といえる、意外すぎるワケ

ウイルス学研究者が教える

10月に入ってからの感染者数の激減のいっぽう、来たるべき冬を前に、新たな変異株の出現による感染の次なる流行の懸念が消えません。テレビ各局がことさらに恐怖をあおる「変異株」について、その真の姿とはどんなものなのでしょうか。

米国のNIH(アメリカ国立衛生研究所)出身のウイルス学研究者で、医師の本間真二郎さんは、10月8日に新著『新型コロナ ワクチンよりも大切なこと』を出版しました。

ウイルスをよく知る本間医師によれば、「変異株の素顔」は伝えられていることとは異なる、別な表情も見えてきました。

変異が重症化度や致命率に関係しているとは限らない

テレビや新聞など影響力の大きなマスメディアでは、新型コロナウイルスの新しい変異株が見つかるたびに、

「従来のものよりも感染力がはるかに高い」
「増殖能力も高い」
「重症化する可能性が高い」
「自宅における死亡者も増加している」

などという紹介がなされ、さらには、「ワクチンが効かなくなる……」といった観測を伝え、「変異株は本当に恐ろしい」と、国民の不安をあおるような報道が見られます。

Photo by iStockPhoto by iStock
 

しかし、結論から申し上げると、感染力が高いことが必ずしも重症化度や致命率(死亡率)の上昇と関係しているとは限りません。ウイルスの変異というものは、伝えられているイメージとは異なり、ウイルス学的にはなんら特別なことではありません。

ここではウイルスの変異や変異株というものについてわかりやすく説明していきます。

ウイルスが変異することは、ウイルスの進化と考えていいでしょう。

すべての生物は遺伝子としてDNAをもっていますが、生物と非生物の間とされているウイルスには、遺伝子としてDNAをもつもの(DNAウイルス)と、RNAをもつもの(RNAウイルス)があります。新型コロナウイルスはRNAウイルスの仲間です。そしてRNAウイルスは、DNAウイルスに比べて、とても変異が速いという特徴があります。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/