【アメブロブロガー・オギャ子の「捨てる育児」#28】

3人兄弟の母でブロガーのオギャ子さん(ブログはこちら)が子育てをする中で、「これは引き算できる!」or「いや、これは流石にできない……」と学んだことについて、自身の経験談から書き下ろしの漫画と写真とともに教えていただく本連載『捨てる育児』、第28回目のテーマは「子供への説明」について​。

子供に何かを説明する時、自分でも明確な理由がわからずうまく説明できなかったり、子供が理解できる言葉に言い換えて伝えることが難しかったりと、困ったことはありませんか? とくに、「こういうことをしてはダメ」といったルールなどは、誰かに迷惑をかけたり、自分や周りの人が傷付くことがないようにといった理由で事前に伝えることが多いからこそ、親としては子供達にしっかり分かった上で暮らしてほしいもの。とはいえ、それもそう簡単なことではないですよね。

今回は、オギャ子さんが子供間で行われていた「おごり合い」を知って、説明の難しさに悩んだお話をお届け。悩んだ末に、オギャ子さんが行き着いた方法とは?

オギャ子さんのインスタグラム「オギャスタグラム」でもまだ出していない、未公開エピソードをご覧ください。

オギャ子(おぎゃこ)
1982年、大阪生まれ。アメブロブロガー。マイペースなちゅんたん(長男)、心優しく激しさも持つゆいたん(次男)、甘え上手なほーちゃん(三男)という三兄弟の母。夫は輪郭が四角いことから「四角」と呼ばれている(オギャ子さん命名)。転勤族だったが、最近ついに一軒家を購入。四角さんも転職し、いまは家族みんなで大阪住まい。

イラスト・文/オギャ子

うまく説明できない時、どうする?

\右にスクロールしてお読みください!/