〔PHOTO〕iStock

マッチングアプリで「デートに至れない」年収330万円の26歳男性、メッセで「意外なミス」をしていた

マッチングアプリの成功法則を1500人に指南した女性

結婚相手を見つけたい。恋人がほしい。そんな理由からマッチングアプリを始める人も多いだろう。ネット上での出会いに偏見を持たれていたひと昔前とは違い、今やアプリで知り合って結婚という話も珍しくなくなった。だが、真剣な思いで挑んでも、必ずしも実を結ぶわけではないのが恋愛の難しいところ。

そんな中、マッチングアプリでの本命探しに手を貸す恋愛アドバイザーの需要も高まってきている。中でも人気を集めているのが、マッチングアプリアドバイザーの渡辺ゆいかさんだ。

クライアントから「ゆいかさん」の愛称で親しまれている彼女は、ビジネスやマーケティングなどのスキルを個人間で売買するサイト「タイムチケット」の恋愛婚活カテゴリーで、36ヶ月以上売り上げ1位という記録を持つ。自分自身の離婚・再婚の経験を通して恋愛コンサルティングに興味を持ち、2017年にサービスを開始。これまでに、のべ1500人以上の相談に乗ってきた。

〔PHOTO〕iStock
 

主に「マッチングアプリで本命の相手を作る」ことを目的に、プロフィール写真の撮り方のアドバイスや撮影代行、ファッションコンサルティングや文章の添削などを行う。クライアントの7割が男性だ。

相談の内容はそれぞれ異なるものの、紐解いていくと「プロフ写真の印象が薄い」「やりとりの内容が硬すぎる」など、アプリを使う人の多くに共通する改善点が見えてくるという。そこで今回は「メッセージのやりとりでありがちなの失敗例」をゆいかさんに聞いた。以下の事例は、プライバシーに配慮して実際の例をアレンジしている。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/