今一番興味があることは?

毎週金曜16:30〜放送のJ-WAVE「START LINE」でラジオナビゲーターとして活躍中! 長谷川ミラさん公式インスタグラム(@jenmilaa)より

「音声業界」
音声業界にはかなり注目していて、今音声業界の市場が10億って言われているんですけど、4年で400億になるとも言われてて、自分が今J-WAVEでナビゲータをやらせてもらっているので、音声業界で何かできたらいいなと思っていて、興味があります。

最近学んで、思わず「人に伝えたい!」と思ったことは?

今日ちょうど朝に読んでいた本が、ビル・ゲイツが最近書いた『地球の未来のため僕が決断したこと 気候大災害は防げる』なんですけど、この最初の方に書いてあったのが、「プエルトリコがハリケーンのせいで電柱が壊れたりとか、街が大変なことになったけど、そのインフラの復旧に20年かかる」っていうのを見て、環境問題っていうのがどう私たちに日々影響してくるのかっていうのを感じたので、これは伝えたいな、と思いましたね。

好きな映画(影響を受けた映画)は?

『ザ・トゥルー・コスト ファストファッション 真の代償』っていうファッション業界の裏側について載ってるドキュメンタリー映画なんですけど、フェアトレードとかサステナビリティとか、ファッションがとにかく好きって方にはぜひ観てもらいたい1本の映画ですね。
これを見てファストファッションを買うのをやめようと思ったし、こういう事実があるということをもっと表にどんどん伝えていかなきゃって思えた映画です。

-AD-

学生時代(小・中・高・大学)
それぞれどんなことを考えながら過ごしていた?

小学校は本当に何も考えていなかったと思います。友達とうまくいかなかった。友達という存在が苦手すぎて……。でも小学校はバレーボールの強豪にいたので、小学校の後半は楽しい時間を過ごしてたなと思います。

中学校はインターナショナルスクールに行ったことで今でも大好きな親友にも出会えたし、高校は芸能学校っぽいところに行っていたので、どうやって芸能の仕事を続けられるかみたいなことを一生懸命考えながら過ごしていて、でもそこでもいろいろ葛藤があり……。

高校と大学の間で「ギャップイヤー」を取っているので、この間に本当に自分が何をしたいのかっていう模索をしていて、NYとかロンドンに行ったりしたんですけど、その間に『テラスハウス』っていうリアリティーショーに出ることができて……という感じです。

大学も全然まだ卒業していないですし、休学して戻ることができたらいいなと思っていたタイミングでコロナになったので、またこの大学に戻れるというか学べる機会ができることをすごく楽しみにしています。

※「ギャップイヤー」とは
高校卒業と大学入学の間に留学やインターンシップ、ボランティアといった社会体験活動など、自分のやりたいことをすることができる期間のこと。

人生の転機は?

私が生まれた瞬間!(笑)
でも12歳の時に、大手事務所さん(今とは違う事務所)にスカウトされたことが私にとってのたぶん大きな転機だったんじゃないかなって思います。そこでより自分に自信がついた気がするし、芸能界とかそういう表の世界に興味を持ったというか、足を踏み込んだきっかけだったなと思います。