Photo by gettyimages
# 銀行

これから「みずほ銀行」に起こるヤバい現実…金融庁が送り込んだ「特殊部隊」の正体

スクラップ・アンド・ビルドもあるかも

「みずほが20年近い歳月と4000億円の費用をかけた『MINORI』が、調査結果次第でご破算になるかもしれない」(金融庁幹部)

みずほ銀行のシステム障害に歯止めがかからない。9月30日には外国為替取引で送金が遅れる不具合が発生した。

みずほは古い勘定系システムを平成期を通じて使い続け、幾度となく大規模障害を起こしてきた。その反省から新勘定系システム「MINORI」を'19年に満を持して稼働させたが、その後も障害が頻発している。

Photo by gettyimages
 

業を煮やした金融庁は、9月22日にみずほに業務改善命令を出し、実質的にシステムを管理下に置いた。そして「MINORI」の病巣がどこにあるのかを調査するため、ある「特殊部隊」の投入を決めた。前出の幹部が続ける。

「'18年に設置した新部局『総合政策局リスク分析統括課』の検査チームです。

同課は総勢約260名で、金融犯罪、サイバーセキュリティなどを担当する数十人ずつのチームに分かれています。その中でも、元民間の優秀なエンジニアを集めてみずほの監督・検査にあたらせる。彼らは霞が関でも最高の技能集団です」

さらに金融庁は、日銀にも応援を要請。まさに金融界を挙げた総力戦を開始しようとしている。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/