「毎日食事を与えることもトイレを掃除することも、なんてこともないんですけどね。でも、それが想像できない人もいるので、動物を引き渡すときに責任説明を丁寧にしていくことが大事だなと思います。

ペットの健康を保つために病院へ行ったり、定期的な検査もあるので、当然お金もかかります。今はコロナ禍ですから、自分が感染したときに世話をお願いできる環境あがあるかどうかも考える必要がありますよね」

動物は人のように不調を訴えることはできないからこそ、日頃からよく触れ合って、つぶさに観察することを大事にしている、と松本先生。

漫画を読んで写真を見ると、犬くんと猫さまがいかに忠実に描かれているか分かり、さらに愛おしくなる。写真/著者提供
-AD-
寝姿…!!! 写真/著者提供
可愛すぎるし、後ろに映る猫さまの背中よ! 写真/著者提供

「うちの犬猫、たまに知らないかさぶた作ってたりするんです。たぶん一緒にあそんでて引っかかれた時のだと思うんですけど。ちょっとした変化を見逃さないように意識することも大事だと思います。日常の健康ケアについても、本格的に勉強してみて、動物の歯磨きがどれだけ大事かを思い知りました。

私が普段しているのは、猫にはブラッシングして、顔を拭いて、鼻くそをとってあげたり。歯磨きは嫌がられるので、飲み水に入れる液体歯磨きを使っています。

犬は、ブラッシング、目やにのおそうじなど。爪切りなどのケアも必要ですが定期的なトリミングでやってもらいます。もし、お世話するのが大変だと感じている人がいるならば、今はケアグッズが充実しているのでどんどん頼るといいと思います。最近訪問トリマーさんをお願いしたのですが、とても良かったです」