岸田政権の本質は「経済安保」だ Photo/gettyimages
# 中国

甘利を狙え…! 岸田「経済安保」内閣に「中国が仕掛けるヤバすぎる工作」の中身

メディア、野党もターゲットになる

岸田「経済安保内閣」の衝撃…!

10月4日に発足した岸田文雄内閣は、「経済安全保障政権」だ。

一般にはあまりなじみのないこの言葉、どういうことかご存知だろうか。

「経済安保」とは日本の生存基盤、独立、繁栄を経済面から確保することである。

元来、日本は、国の生存基盤であるエネルギーや食料を海外に依存してきた。しかし、エネルギーや食料だけに限らず、経済のグローバル化や著しい技術革新の進展などにより、意識しないまま国の生存基盤を他国に依存しているものがある。

身近な例を挙げてみよう。

生活必需品を取り巻くリスクがあることをご存知か Photo/gettyimages
 

新型コロナの蔓延では「マスク不足問題」が生じた。日本はその生産の多くを中国に依存していた。マスクに限らずガウンなどの医療器具も中国に頼っていた。

こうした物資が世界で奪い合いになり、日本に輸入されなくなると、国民生活に多大なる影響が生じた。このため、内閣国家安全保障局内に2020年4月に新設された経済班は、マスク調達が最初の大きな仕事になったと言われている。

また、いまや生活必需品となったスマートフォンはどうだろう。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/