確実に伝わる“短い英会話”を提案しているオンライン英会話スクール講師・mamiさんによるFRaU web連載「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」(毎週金曜更新)。

「How are you?」と英語で挨拶されたときの返答フレーズは、「I’m fine, thank you.」と多くの人が学校で習ったのではないでしょうか。ですが、ネイティブはこのフレーズを頻繁に使いません。では、どんな返答をしているのでしょうか? 今回は、パターンを増やせるように実践的なフレーズをご紹介します。

今までの英会話レッスンはこちら▶︎

-AD-

★mami流・英語を話すときの心得★
「間違えないように言わなきゃ」と気負う必要は全くありません。一番大事なのは「相手に伝えること」。カタコト英語でも問題ナシ! 「英語がしゃべれないから...」と、困っている外国人を見て見ぬふりせず、積極的に話してみましょう。

「How are you?」の返答で
ネイティブがよく使うのは?

「How are you?(元気?)」と英語で聞かれたとき、あなたはどのように返していますか? 「I’m fine, thank you.(元気です)」しか思い浮かばない方も多いと思いますが、実はこのほかにもいろいろな言い方があるんです。なかでもよく使う表現を紹介していきます。

【1】I’m good.  元気です。

【解説】カジュアルな日常会話では、この言い方が頻繁に使われます。最後に「Thank you」を足してもOK相手に聞き返すときは、「And you?」や、「and」を省略した「You?」を使いましょう。「You?」は挨拶以外でもカジュアルな会話でネイティブがよく使う言い方です。

【2】Great. すごく良いよ。

【解説】「Great, thanks.」などと言ったりもします。「とても調子が良い」「絶好調だ」と言いたいときに使いましょう。このように「I’m」を省略して言うパターンは、日常会話でよく耳にします。「Great」以外に「Good」「Not bad」など、いろいろな言い方ができるので、使ってみましょう。

【3】Nothing special. 変わりはないよ。

【解説】いつも「fine」や「good」ばかり使っている方は、このような表現を使ってみては? また「How are you?(元気?)」の返答として、実は何も返さないパターンもあるんです。返答をせず、「How are you?」とそのまま聞き返すことも。「How are you?」は「こんにちは」のような、ただの挨拶の意味も含まれるので、返答が返ってこなくても気にする必要はありません

今週はここまで。mamiさん監修「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」は毎週金曜日に更新!

\使えるフレーズを日々アップ/
Instagram「超絶シンプル英会話」▶

英語を話すために知っておきたい いらない英文法』(KADOKAWA)
mamiさんの3冊目となる最新著書では、英語を話すために実は「いらない」英文法を紹介。疑問文、過去完了、to不定詞など、英会話に必要な英文法を必死に覚えるのではなく、まずは“捨ててみる”と英語が不思議と話しやすくなる。そんな裏技を紹介している英語本です。