緊急事態宣言が全面的に解除され、コロナ禍ではありつつも緩んだ空気が漂う10月上旬。冬に来るであろう第6波を警戒する声と、コロナワクチン接種者の増加、マスク着用の日常化等で、コロナに対しての不安は抱えつつも知識と対策のおかげで少しずつ安心感が広がってきているように思う。

その一方で、コロナ対策の影で軽視されがちとも言えるのがインフルエンザ予防対策だ。

「去年はインフルほとんど流行らなかったから今年も流行らないのでは?」「マスクしていれば大丈夫そう」「コロナワクチンとインフルワクチン、同時期に接種するのに抵抗がある」「子どもは2回接種となると、そこまでする必要があるのか考え中」という声も聞こえてくる。本来、秋冬はインフルエンザが流行り始める時期なので、10月から年末にかけてはインフルエンザワクチンを接種する頃だが―――今年はどうだろうか?

Photo by iStock
-AD-

感染症に詳しい医師は「今年こそインフルエンザ対策を重視すべき」と声をあげている。新型コロナウイルス感染症やワクチンに関する正確な情報を届けるプロジェクト「こびナビ@covnavi(インスタアカウント)に携わり、小児感染症医である池田早希医師は「インフルエンザも重症化すると命にかかわる危険性があり、きちんとした知識と予防策が必要。特に乳幼児や高齢者はリスクが高く注意が必要です」と語る。

そこで今回、コロナ禍だからこそ考えたいインフルエンザについて取材し、その内容をQ&Aでお伝えする。改めて学び、しっかりと予防・対策して、感染症の危険に備えたい。

池田早希医師 
小児科専門医、米国小児科専門医、アメリカ熱帯医学学会認定医。
千葉大学医学部卒業後、沖縄県立中部病院、神奈川県立こども医療センターを経て、2015年に渡米。ミネソタ大学小児科でレジデンシー、ベイラー医科大学・テキサス小児病院 小児感染症科フェローシップ修了。2019年よりロンドン大学熱帯衛生大学院の疫学修士課程所属。アメリカ・ヒューストンにあるテキサス小児病院小児感染症科に2021年6月まで勤務。
こびナビ」副代表 Twitter:@covnavi Instagram:@covnavi