海外に行く前にできる予防策

海外に行く前にできる予防策は、やはり予防接種だ。黄熱・ジフテリア・A型肝炎・B型肝炎・破傷風・狂犬病・ポリオ・日本脳炎・麻しん風しん・髄膜炎菌などが予防できる。

-AD-

予防接種で防ぐことができる病気はまだいいが、世界には予防接種で防ぐことが難しい病気もある。例えば、代表的なのがマラリアだ。マラリアは抗マラリア薬の予防内服で予防できることもあるが、内服しても感染することもあるとても危険な病気。

長袖・長ズボンを履き、濃度が高い虫よけスプレーを使用するなども効果的だが、一番良いのはマラリア流行地帯で売っているマラリアよけスプレーを買うこと。かなり強烈なニオイがするが普通の虫よけよりも効果が高く、万が一強盗に襲われたときの護身用スプレーとしても使えるので、海外に行く際、私は必ず常備していた。

ケニアのマサイマラ国立公園のド迫力ライオン。海外だと羽目を外して車の外に出てみたくなる人もいるようだが、絶対に車を出てはいけない。写真提供/歩りえこ
こちらは雄大な景色を堪能できるケニアのナクル湖。国立公園付近では車のスタックが多いので事故にも気を付けたい。スペアのタイヤがあると便利だ。写真提供/歩りえこ