「キングオブコント」公式サイトより引用。優勝した空気階段

空気階段、ザ・マミィ、男性ブランコ「キングオブコント」勝ち残った3組の「意外な共通点」

※本記事は、「キングオブコント」におけるコントのネタバレを含みます。

ネタの内容の「共通点」

10月2日、コントの賞レース「キングオブコント」が開催され、空気階段が悲願の優勝を遂げました。空気階段のお二人、本当におめでとうございます。

ところで今大会、決勝のファーストステージを勝ち抜き、ファイナルステージに進んだ3組(空気階段、ザ・マミィ、男性ブランコ)のネタの内容には、特筆すべき共通点があるように見えました。

それは、「異質な他者と、豊かな関係を築く」という内容を含む点です。

なんのこっちゃ……と思われるかもしれませんが、それぞれの一回目のネタを振り返ってみましょう。

「キングオブコント」公式サイトより引用
 

男性ブランコのネタは、ある男性が、ボトルメール(手紙の入った瓶を海に流すアレです)をきっかけに文通していた女性と、初めて対面で出会うという設定です。現れた女性は、酒焼けの声でベタベタな関西弁をしゃべるキャラクターで、「ボトルメール」「文通」というロマンチックなワードから想像されるキャラを大きく裏切ります。その意外感が笑いを誘う……というネタです。

そしてこのネタで特徴的だったのは、その後の展開。男性は、この関西弁の女性について「いやー、好きだなあ」と独白します。この男性、きわめて真面目そうな風貌をしていて、ベタな関西ノリの女性とはあまり縁がなさそう——つまり、男性にとって女性は「異質な他者」に見えます。しかし、男性は「好きだなあ」と言う。これが、さらなる意外感を生み、笑いを加速します。

関連記事

おすすめの記事