photo by istock

脱サラで年収2000万円フリーランスになった男性、「家を買えなくなった」悲劇

かつてない「独立ブーム」ではあるが…

現代はかつてないフリーランスブームと言える。電車の中でも、インターネットの中でも「フリーランスになりませんか?」という広告を日々見かける。以前は一部の限られた人のみが行っていたフリーランスという働き方だが、今では一般的なキャリア形成の選択肢のひとつになった。
しかし、住宅購入においては「フリーランスになる前に知っておくべきだった」と後悔する人も多い「罠」が存在する。実例をベースに、不動産テックHousmartの針山昌幸氏が解説する。

1億円以上の物件も買えそうだけど

私が住宅購入の相談を受けたAさんは、経営コンサルタントとして数年前に独立。フリーランスとして複数の会社にコンサルティングを行っていました。

最初は独立に不安があったもの、数年経って収入も安定してきました。そこで、自分を支えてくれた家族のためにも新居を購入しよう、ということになったのです。

 

Aさんは複数の会社に対するコンサルティング料金が収入源となっており、ざっと収入は2000万円。メーカーなどと異なり、経営コンサルティングであれば特にサービス提供に材料費が必要な訳ではありませんので、収入=所得、と言っても良さそうです。

しかし私はAさんの話を聞くうちに「これは住宅購入が難しそうだぞ」と気付きました。

通常、年収の6倍が住宅購入金額の目安と言われます。収入が2000万円あるAさんであれば、本来なら1億2000万円の物件すら購入出来そうですが、何がハードルになったのでしょうか?

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/