永田町に衝撃を与えた岸田文雄新総裁の主要人事…その裏側に迫る

全く予想していなかった意外な人物も

「差し替え」になった理由

岸田文雄前自民党政調会長は10月4日、衆院本会議の首班指名選挙で第100代内閣総理大臣に就任する。

これまでに明らかになった自民党役員と岸田内閣の主要閣僚人事を検証する。正直に言って、筆者が全く予想していなかった意外人事が幾つかあった。

最たるものは首相のサポート役である内閣官房長官である。筆者は9月29日の自民党総裁選2日前、同人事は萩生田光一文部科学相(58歳、衆院当選5回・細田派)と決め打ちで書いている。事実上、最大派閥・細田派(清話会)を率いる安倍晋三前首相の“秘蔵っ子”であるだけでなく、文教政策を始め主要政策に通じ、胆力に物を言わせた裏面での交渉力にも定評がある。

photo by gettyimages

ものの見事に予想は外れた。細田派内には5回生の萩生田氏よりシニア(6~8回生)の面々が多く、特に同じ文教族で且つ同じ東京選出の下村博文前政調会長(67、8回)と今なお同派のオーナーである森喜朗元首相が強く反対したというのである。さすがの安倍氏も派内融和を優先して松野博一元文科相(59、7回)に差し替えたのだ。人事の遅れで岸田派内の不協和音説が流れたのは官房長官人事が理由だった。

 

もう一つ外したのが、麻生太郎副総理・財務相の自民党副総裁就任である。8年9カ月も財務相を続ける麻生氏への批判が少なくなかったが、麻生氏と茂木敏充外相は続投すると読んでいた。麻生氏の義弟である鈴木俊一財務相(68、9回・麻生派)の議員キャリアをチェックしても、同氏は自民党財務委員長、水産部会長、社会保障制度調査会長を歴任しているが、財政・金融政策に関わった経験は見当たらない。果たして適材適所の閣僚人事なのか、という疑問がある。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/