2021.10.02
# エンタメ

TBSとフジに差がついた…夏ドラマ「五輪による中断」への各局の対応のしかた

見事だった『ナイト・ドクター』
堀井 憲一郎 プロフィール

2話までだと、まだ話が固まっていない。

木村文乃が演じるママは真面目なだけなのか、岸井ゆきのの演じるママはほんとうにかなりいい加減なのか、それぞれキャラの表面はわかっても、実態までは明らかにされていない。キャラ紹介が終わっておらず、大事なキャラが登場前だったのに、三週休みに入ってしまった。まだ謎の多い状態だったのだ。

まだキャラの丁寧な説明がされておらず、視聴者が、こう見えていても違うんだろうなと勝手に想像している段階で、1ヵ月中断された。それだけ空くと、想像なんて忘れてしまう。3話を見ながら、えーと、えーと、何だっけ、とかなり戸惑った。

ここで落ちてしまった視聴者がけっこういたのではないか。

 

いいドラマだったのに

TBSはべつに三週連続金曜日に五輪中継をしていたわけではない。

7月23日はお笑い特番、7月30日はオリンピック中継だったが、8月6日は音楽番組特番を放送していた。オリンピック期間中はレギュラー番組では弱いから特別番組で凌ごうという目論見だったのだろう。金曜日というのも不運で、金曜日が開幕式だったからオリンピック期間と3回かぶることになったのだ(月曜から木曜は2回ですんだ)。

だからドラマ三週中断。

1ヵ月ぶりに道端であった知り合いに「このあいだの話のつづきだけどさ、俊平がそのあと大変で」と話されているようで、ちょっとついていけなかった。

『#家族募集します』は、本物の家族ではない人たちが一緒に暮らすドラマだった。
店の居候、父子家庭、母子家庭の親子がそれぞれが集まって、疑似家族として過ごすドラマであった。

固く言えば「家族とは何かを考えるドラマ」であるが、そんな大仰なものではなく(脚本はあのマギーだし)、気楽に楽しく見られる出来上がりだった。

狙いがよかったし、役者がよかった。

関連記事

おすすめの記事