文在寅は岸田を無視した… photo/gettyimages

文在寅が「岸田を無視」したウラで、韓国メディアが「岸田は不安」「魅力のない人」と酷評している…!

自民党総裁選で岸田文雄新総裁が誕生したことを受けて、韓国の文在寅大統領がいきなり異例の“無視”をした。前編記事『文在寅が、異例の“いきなり無視”…韓国政府と韓国メディアが「岸田の勝利」を歓迎しないワケ』では韓国メディアが「岸田勝利」について歓迎しない論調で報じている様を紹介したが、今回はさらに韓国で岸田新総裁がどう見られているのか、岸田政権の誕生で日韓関係はどうなると見られているのかなどについて詳細にレポートしていく。

文在寅は無視… photo/gettyimages
 

文在寅を無視し続けた菅政権と“一緒”

革新系で文在寅政権に近いハンギョレ新聞は、日韓関係に対する立場については、記者クラブ討論会での発言を引用し、岸田氏は2015年の日韓慰安婦合意の日本側当事者であり、「(慰安婦など)国際的合意、条約、ひいては国際法など、韓国がこうしたことを守るのか疑問視されている」としている。

そのうえで、「これさえも守らないならば何を約束しても未来は開かれない」「対話は必要だがボールは韓国にあると思う」との現在の日本政府の強硬な姿勢と変わらない発言を行ったと紹介している。

岸田氏の発言では、文在寅氏を無視しづけてきた菅政権同様、首脳会談の糸口は見出し難く、首脳会談なくして日韓関係の改善には悲観的にならざるを得ないだろうというわけだ。

関連記事

おすすめの記事