岸田総理誕生の“ウラ”で「キングメーカー」を狙う、安倍晋三がいよいよ動き出している

「後継」の問題

「亡くなる直前、竹下さんが『次は茂木が派閥をまとめろ』と言い残したという話が広がっています。しかし、派内のベテラン勢は『どうせ、茂木が自分で勝手に言ってるだけだろ』と冷ややかです」(平成研議員)

食道がんで闘病中だった竹下亘元復興相が、9月17日に74歳で亡くなった。会長を務めていた派閥・平成研究会では、先送りにしてきた「後継」問題が紛糾している。

年齢的には、65歳の茂木敏充外相と加藤勝信官房長官が筆頭候補だ。ただ「加藤さんでは実力不足」(前出と別の平成研議員)との声が多い。小渕優子元経産相は、人気は抜群だが47歳と若すぎる。こうした条件を鑑みれば、茂木氏が継ぐのが自然な流れと言える。

茂木敏充外相(Photo by gettyimages)Photo by gettyimages
 

「しかしOBの青木幹雄さんをはじめ、参院を中心に難色を示す議員も少なくない。人望や性格の面で難ありと見られているのです」(冒頭の議員)

そんな中、平成研に手を突っ込み、茂木氏を引き上げようとする大物がいる。安倍晋三前総理だ。

安倍氏はかねて、側近などの前で「茂木さんは自民党で一番優秀」と褒めちぎってきた。5月に受けたインタビューでは、次期総裁候補の筆頭にノーマークの茂木氏を挙げ、党内を驚かせている。

関連記事

おすすめの記事