# 中国

世界最大の高級時計市場に躍り出た中国に漂う「粛正」の暗雲

文化大革命再来で「贅沢は敵」再びか

先進国を上回る富豪の国

世界屈指の経済成長を続けてきた中国では、先進国を上回る「富豪」が誕生し、高額品消費が激増してきたことは周知の通りだ。日本も新型コロナウイルスの蔓延前は、インバウンド消費に沸き、百貨店などでの高額品が飛ぶように売れたが、それを担ったのも中国人観光客だった。今や、中国は、世界最大のラグジュアリー商品の消費地になっている。

by Gettyimages

それを端的に表しているのが「高級時計」だ。高級時計ブランドを多数擁するスイスからの輸出先を見れば、その様子が鮮明に分かる。その様子は本欄でも4月15日公開の「高級スイス時計が激売れ…中国経済、実は『ひとり勝ち』が鮮明になっていた」に紹介した。

スイス時計協会の統計数字を改めて見てみよう。2020年の年間統計によると、全世界向けの輸出額総額は169億8410万スイスフラン(約1兆9884億円)と21.8%も減少した。新型コロナで多くの国で経済活動や国際間の人の移動が止まったことがモロに響いた。そうした中で、中国(大陸)向けの輸出額は23億9400万スイスフラン(約2800億円)と、2019年に比べて20%も増加し、過去最高額を記録。スイス時計最大の輸出先に躍り出たのである。

もともとスイス時計の輸出先としては、戦後長い間、香港がトップだった。2019年の香港向け輸出額も26億9100万スイスフラン(約3185億円)と、2位の米国、3位の中国を抑えて圧倒的なトップだったが、2020年は16億9670万スイスフラン(約1986億円)と前年比36.9%もの減少となり、世界3位に転落したのである。もちろん、背景には中国政府による香港への国家安全維持法の適用など、「自由都市香港」が事実上瓦解したことがある。

 

新型コロナ対応に苦しむ先進国を横目に、中国は新型コロナの封じ込めに成功しているようにみえ、ポストコロナ時代は、高級時計の世界最大の市場は盤石になっていくだろうと予想されていた。

ところがである。ここにきて、その世界最大の市場に急速に「暗雲」が漂い始めている。習近平体制の中国で「大異変」が起きているのだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら

関連記事

おすすめの記事