ファイザーとモデルナのワクチン、予防効果の持続性で優劣判明…その差を生んだ「衝撃の原因」

新型コロナの発症・重症化の予防に大きな効果を発揮してきたファイザー(/ビオンテック)とモデルナの「mRNAワクチン」。実際に、これらワクチンの接種を受けた米国の医療従事者ら数千名を対象とした最近の追跡調査では、どうやらモデルナ製の方が予防効果やその持続性の点においてファイザー製に勝っていることが分かってきた。

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2106599

https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/70/wr/mm7038e1.htm?s_cid=mm7038e1_w

Gettyimages

予防効果と持続性でモデルナに軍配

まず、米NEJM(New England Journal of Medicine)に掲載された調査結果によれば、ファイザー製ワクチンの発症予防効果が88.8%に対し、モデルナ製では96.3%に達した。いずれも2回目の接種から3~8週間後(2ヵ月以内)に確認された数値である。

また、米CDC(疾病対策予防センター)の調査結果によれば、発症してから入院に至る重症化の予防効果は、ファイザー製ワクチンでは2回目の接種から約4ヵ月後には91%から77%へと低下するのに対し、モデルナ製ではほとんど低下が見られなかったという。

両ワクチンとも、基本的には「mRNAワクチン」と呼ばれる同一種類の医薬品である。2020年に米国で実施された臨床試験では、ファイザー製ワクチンの発症予防効果が95%、モデルナ製は94%だった。

 

実は両ワクチンとも、同一の特許技術に基づいて開発されたため、臨床試験の結果がほぼ同じになるのは、ある意味当然とも見られた。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/77681

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら

関連記事

おすすめの記事