iDecoなど「確定拠出年金」、「20年間やり続けたら」ついにわかった「意外な真実」

日本人1000万人が利用する「確定拠出年金」

「確定拠出年金」が誕生してから20年が経ちました。

この「確定拠出年金」ですが、じつは「国民の1000万人」にとって「老後に1000万円」くらいを支える力を持ち始めているのをご存知でしょうか。

確定拠出年金は、2001年10月1日に施行された、まさに「今世紀の制度」です。

会社の退職金・企業年金制度の一部(ないし全部)として採用される「企業型DC(DCは確定拠出年金の略)」と、個人が任意に加入し老後に備える「iDeCo(個人型DCの愛称)」の2つの制度を持っています。

20年前には、「日本人に自己責任の制度は無理」とか「個人が資産運用をできるはずがない」というような懐疑的な声が多く上がったものですが、今世紀に入ってからの個人の資産運用環境の整備、投資への理解度の向上などもあいまって、着実に制度は普及、無事に成人式を迎えることになりました。

日本型「確定拠出年金」は20年目を迎えた Photo/gettyimages
 

現状をまず確認しましょう。

会社が実施する企業型DCのほうは約750万人の加入があります(3月末の数字)。新しく企業型DCを導入する場合、4月にスタートする企業が多いのですが、これを加えると現在は770万~780万人くらいに達しているとみられています(統計が出るのは一年後なので推計)。

iDeCoのほうは、というと今年の5月に200万人を超えています。7月末の最新データでは210万人。企業型に負けてはいるものの、近年の増加ペースは年40~50万人と企業型DCを上回るペースとなっています。

関連記事

おすすめの記事