2021.10.01
# 宇宙科学

「エイリアンの宇宙船」とも言われた、ナゾ多き「恒星間天体」の正体がようやく見えてきた…!

コズミックフロント プロフィール

史上初の恒星間天体オウムアムアの素顔

新天体は、太陽に最接近し、遠ざかっていくタイミングで見つかったため、時間とともに暗くなっていく一方でした。一刻の猶予も許されない中、ハワイやカナリア諸島、チリなどの巨大望遠鏡が、緊急観測を行いました。

史上初の恒星間天体発見を受けて緊急観測を行ったチリの望遠鏡・VLT ガスの兆候を探したが検出できなかった/NHK提供
拡大画像表示

すると、彗星のような氷を多く含む天体で見られる“ガスの噴出”が全く見られないこと、明るさが周期的に10倍も変化することなど、想定外の観測結果が次々に得られました。発見から1か月後、新天体はハワイの言葉で「初めて遠方からきたもの」を意味する「オウムアウア」と名付けられ、「岩石か金属でできたロケットのような不思議な形の物体だろう」と発表されました。史上初の恒星間天体は、太陽系のどんな天体にも似ていない、不思議な姿をしていたのです。

2017年11月に公表された史上初の恒星間天体・オウムアムアの想像図。長さは最大800m 普通の小惑星ではあり得ないような細長い形とされた ・Credit:ESO/M. Kornmesser
拡大画像表示
 

相次ぐ想定外に“エイリアンの乗り物”説が登場

新天体が恒星間天体だと最初に気づいた若手の1人、イタリアのマルコ・ミケーリさんは、多くの謎を残して飛び去っていったオウムアムアを、独自の視点から見つめていました。

ウェリクさんが発見した新天体が恒星間天体であることに最初に気づいたマルコ・ミケーリさん/NHK提供
拡大画像表示

世界中の望遠鏡の観測結果を取り寄せ、毎日の位置の変化を追い続けていたのです。すると、計算から予想される軌道と、実際に観測された位置が、少しずつずれていくことがわかりました。

そして太陽重力と反対向きの力が存在すると仮定すれば、ずれを説明できると気づいたのです。人類が持つ最高の望遠鏡・ハッブル宇宙望遠鏡を使った検証を経て、2018年には、オウムアムアに太陽重力と反対向きの力が働いていることが明らかになりました。

地上の望遠鏡が観測できなくなった後も、ハッブル宇宙望遠鏡がオウムアムアの観測を続けた NHK提供
拡大画像表示

彗星が同様の力を受けていることは以前から知られていました。太陽に照らされた面で氷が勢いよく蒸発すると、ガスが太陽向きに噴出されることになり、その反動で太陽と反対向きの力を受けるからだと解釈され、ロケット効果と呼ばれることもあります。

しかし、ガスの噴出が全く見られなかったオウムアムアで、このロケット効果が働いたとは考えられません。そこで、自然現象で説明することを諦め、「オウムアムアはエイリアンが作った宇宙船だろう」と主張する科学者すら登場することになりました。

関連記事