ドラマ『推しの王子様』公式サイトより引用

渡邊圭祐と白石聖、『推しの王子様』で活躍した「二人の若い俳優」の今後が楽しみすぎる…!

渡邊圭祐の魅力

『推しの王子様』は深田恭子に代わり比嘉愛未が主演となったドラマで、全11話で放送された。視聴率としてはなかなか厳しいところがあったのだが、そのぶん新鮮な役者たちをじっくりと見られた。

ヒロインの比嘉愛未が育てる“王子様”役を演じたのは渡邊圭祐である。

渡邊圭祐が引き立てられたドラマだった。

彼は、昨年2020年から急にドラマで見かけるようになった。

『推しの王子様』公式サイトより引用。右の男性が渡辺、中央の女性が白石
 

2018年から仮面ライダーシリーズに出演しており、夜のドラマに出たのは2020年1月期の『恋はつづくよどこまでも』からである。

上白石萌音の主演で話題になったこのドラマに看護師役で出演していて、背が高くて髪が長くて、ふらっとしていて、気になる存在だった。

魔王(佐藤健)の姉(香里奈)の不釣り合いな彼氏役でもあった。彼女を見合いの席から略奪する。

“いまどきの軽めの若者”を任され、それが似合っていた。

役者としてまだまだ慣れてない気配はあるのだが、それがそのまま「ぎこちなく働く若者」の役に反映され、新鮮で感じよかった。

初めてみたときから、とても印象に残った役者である。

次はその6月からの『MIU404』(ミューよんまるよん)に出演した。

綾野剛と星野源の刑事バディものとして評価の高かったドラマである。

渡邊圭祐は、『恋つづ』では爽やかな役だったが、ここではあやしげなユーチューバー(ドラマでの呼称はナウチューバー)役で、自分勝手に動く若者を演じて、妙にリアルだった。

関連記事

おすすめの記事