photo by iStock

誰でも英語が話せるようになる、英会話習得の3ステップとは?

英語はシンプルでも通用します(後編)
技術英語のスペシャリストにして、ベストセラー『会話もメールも英語は3語で伝わります』の著者が、より高いレベルを目指したい方々のために、最短・最強の英語学習法を公開する現代新書の最新刊『シンプルな英語』。
著者の中山裕木子氏が、前編に続いて、非ネイティブでも英語をしゃべれるようになるための「戦い方」を伝授します!

いざ、発話へ―まずは1人で読み上げよう

主語Sと動詞Vを使って話したい内容を組み立てることができた。さて、発話の練習と実践だ。1人で英語を練習したとしても、いざ英語ネイティブの前に出ると話せないのではないか。相手が話す速度についていけないのではないか。リスニングはどうする。発音はどうするのか。不安が多くあるだろう。

尻込みをするさまざまな理由はあるものの、1つ言えることは、実際にやってみないと、できるようにはならないということだ。

相手がいるときとでは状況が違うかもしれない。しかし、1人で英語を口に出して話せない場合には、相手がいたらますます話すことができない。伝わるかどうかを心配するよりも、まずは実際に口を動かしてみるしかない。

「英文を組み立てる」→「口に出す」、そして「上手くアウトプットできていたかを振り返る」。これを地道に繰り返すことで、組み立てが早くなり、英語が少しずつ話せるようになる。

「間違った」「上手くいかなかったのでここを改善したい」「こんな話題を加えたい」と自分で気付くことができれば、練習の効果はさらに加速する。

発音の確認に便利なサイト

英単語の読み方がわからなくて困ったら、2つのお助けサイト(音声読み上げ)といくつかの発音を確認するサイト(辞書ほか)を使おう。

私がおすすめする2つのお助けサイト(音声読み上げ)のうちの1つは、いわゆる「機械翻訳サイト」に付随する音声出力機能である。例えば昨今精度を上げているDeepL翻訳Google翻訳には音声の読み上げ機能が提供されている。

機械翻訳自体を英語学習に利用する方法については、ここでは説明を割愛するが(機械翻訳は限定的にであれば利用できる。シンプルな英語で説明)、この音声機能は優れている。

このように、作成した文書をそのままペーストする。下に表れる「音声出力のマーク(赤丸で囲った部分)」をクリックすると、機械があなたの英文を読み上げてくれる。(なお、右には自動で対応する日本語へと翻訳されるが、そちらを合わせて目を通し、自分の英文が正しく伝わりそうかを和訳で確認しておいてもよい。)

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/