photo by gettyimages

人類も元をたどれば──生物の最終共通祖先「ルカ」とは何か?

進化によって次々と入れ替わる

聖子ちゃんカットの流行と生物の進化

松田聖子という歌手がいる。デビューしたのはもう40年以上前のことだが、たまたま学年が私と同じだったので、わりとよく覚えている。一番人気があったのは、私が大学生のころだった。

デビューしたころの松田聖子は髪型が印象的で、「聖子ちゃんカット」と呼ばれ、若い女性のあいだで流行していた。ちなみに、当時は「聖子ちゃんカット」ではなく「聖子カット」と呼ばれていたという話も聞くけれど、私の周りではみんな「聖子ちゃんカット」と呼んでいた。

ただし、流行しているといっても、みんながみんな聖子ちゃんカットだったわけではない。大学では、そういう髪型をした女子学生がいると、「聖子ちゃんカットの子」と呼ばれていたが、

「え~と、あの子だよ、名前なんだっけ? あの聖子ちゃんカットの子だよ」

「あ~、あの子ね」

みたいな感じで話が通じたので、実際に聖子ちゃんカットにしている女子学生は、それほど多くはなかったのだろう。もしも、多くの女子学生が聖子ちゃんカットにしていたら、特定の女子学生を示す特徴として、聖子ちゃんカットは使えないからだ。

私はクラブ活動などの関係で、いくつかの女子大や短大に出入りすることがあったけれど、どこもそんな感じだった。だから、聖子ちゃんカットにしている女性がそれほど多くないことは、わりと一般的な傾向だったのではないかと思う。ときどきテレビなどで、

「当時、聖子ちゃんカットは大流行で、女子大に行くと教室の半分は聖子ちゃんカットでしたよ」

みたいな話を聞くことがあるけれど、それって本当なのだろうか。

まあ実際にどうだったかはともかく、今はこんな空想してみよう。松田聖子の人気が上がって、みんなが松田聖子の髪型の真似をして、日本人全員が(もちろん男性も)聖子ちゃんカットになってしまう。そんな空想だ。

1980年に松田聖子が歌手としてデビューしたとして、2年後には日本人全員が聖子ちゃんカットになったとしよう。たとえば、1980年には聖子ちゃんカットの人は松田聖子1人だけだったが、1981年には1000万人、1982年には1億人すべてが聖子ちゃんカットになったとか、そんな感じだ。

【イメージイラスト】聖子ちゃんカット増殖1980年のデビューから、2年後には日本人全員が聖子ちゃんカットになったとようなイメージで考えてみる
 

この場合、1億人の聖子ちゃんカットの人々から見れば、松田聖子は共通の祖先と言える。1億人すべてが、松田聖子から髪型を受け継いだからだ。

もちろん、生物の進化における受け継ぎ方とは方法が異なる。生物の進化では、遺伝子などによって特徴を受け継いでいく。聖子ちゃんカットの場合は、真似することによって髪型を受け継いでいく。でも、そのあたりの違いに目を瞑れば、両者はけっこう似ている。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/