「え、これホントに同じワンちゃん?? 信じられない穏やかな表情!」
「この猫ちゃんも、同一猫(にゃん)と思えないくらいモフモフになって……」

毎回、写真が出るたびに大歓声が上がるYouTube「Evaチャンネル」の人気企画「みんなの保護犬・保護猫 ビフォー&アフター!」。動物愛護の問題と長年、向き合い続ける女優の杉本彩さんが主宰する『公益財団法人動物環境・福祉協会Eva』のYouTubeの中でも私も大好きな企画で、見るたびにいつもほっこり幸せな気分にさせられる。文字どおり、保護犬・保護猫のビフォー(保護した頃)と、アフター(現在の様子)を視聴者からの写真とお便りで紹介する企画だ。

保護犬・保護猫のその後を紹介する人気企画。YouTube(Evaチャンネルより)

ペットショップに並ぶ犬猫ではなく、様々な事情で保護された犬猫は、辛く厳しい経験をしているケースが多い。それが新しい飼い主さんに迎えられ、家族の一員として多くの愛を受けながら生活していくうちに、徐々に保護された当初とは別ワン・ニャンのように落ち着いて、優しい雰囲気へと様子が変わっていく。写真を見るとそれが一目瞭然なのだ。ということで、実際に投稿された幾つかのケースを3回連載でお伝えする。

-AD-

多頭飼育崩壊地獄から救出!こんなに変わる表情

【ちゃこちゃん】(メス)

多頭飼育崩壊の現場にいたときのちゃこちゃん。写真提供/公益財団法人動物環境・福祉協会Eva

ちゃこちゃんは推定7歳のミックス犬。6年前に埼玉県の多頭飼育崩壊の現場から救出され、東京のある保護施設にいるときに現在の飼い主さんと出会った。レスキューの現場では30頭以上の犬が重い鎖に繋がれた状態で、すでに亡くなっていた犬も多く、ちゃこちゃんもまともに餌も水も与えられていなかったようで、かなり衰弱していたという。さらに、保護された後も譲渡先でトラブルが続き、何か所か、たらい回しにされたとのことだった。

譲渡先で何があったのかはわからないが、ご縁を感じた飼い主さんは、ちゃこちゃんを引き取ることを決意。そして現在に至る。ちゃこちゃんもこの飼い主さんにはすぐに心を開いたようで、「うちに来てからは毎日お腹を見せてマッサージを要求したり、とにかく家族みんなでいることが大好きな甘えん坊さんです」と飼い主さん。

新しい飼い主さんに譲渡されてからのちゃこちゃん。こんなにもポジティブ顔に!写真提供/公益財団法人動物環境・福祉協会Eva

「あー、全然変わりましたね〜! 特に目が。ビフォーはちょっと寂しそうな、切ない困ったような顔をしていたけど、今はそんなことを微塵も感じさせない。何かを期待しているような、ポジティブな顔をしている」(杉本さん)

昨年、非再生性免疫介在性貧血という難病を患ったものの、奇跡的に現在も元気にしているというちゃこちゃん。「ちゃこの幸せを一番に、大事な家族として一緒に過ごしていきたい」と飼い主さんは話す。

「この笑顔! 地獄から天国ですよね。幸せになった子は、自分の感情を素直に表現するようになるんだということを、写真からも強く感じますね」(杉本さん)