〔PHOTO〕iStock

「定年後に本を読みまくりたい」そう思っている人が、絶対に知っておかないとマズいこと

老後に「夢の時間」はやってくるのか

定年後は本当に本が読めるのか!?

これは、ある雑誌で特集されていたテーマである。

たしかにある年齢層にとっては興味のあるテーマだろう。

いま、働くことで時間がないが、もしたっぷりの時間ができれば、自分の好きなことをしたい、それは可能だろうか、という特集である。

読書好きにとっては「ただひたすら好きな本だけを読み続けられる時間」が夢であって、定年すれば、つまりいままでどおり働きに行かなくなれば、老後は夢の時間がやってくるのだろうか、という問いかけである。

〔PHOTO〕iStock
 

人によって事情は違う。

かつてもう30年以上前だとおもうが、だから昭和が終わってすぐくらい、テレビで、キャスターだかコメンテイターだか、記憶が定かではないのだが、その人がいまどんどん映画を録画している、という話をしていたことがある。

テレビでは、昔はいまよりもっと映画を放送していて、それを全部ビデオテープに録画して、どんどん溜め込んでいるんだ、と言っていたのだ。誰だったか覚えてないのだが、当時、50代から60くらいの人だっただろうか。

いま見るためではなく、この先、老人となり、働かなくなって時間が余ったときのために、せっせと大好きな映画をどんどんビデオに録画しているのだ、という話である。

妙に覚えている。

そして、ときどきそれをおもいだしてしまい、そのビデオテープの山は無駄になったのではないか、とぼんやりと考えてしまう。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/