おしえて、先生!
フードロスを減らすためには
どうしたらいいですか?

フードロス削減のために、私たちは何をしたらよいのでしょうか。やみくもに反対する前に、まずはフードロスが起こる仕組みと削減の目的について、今一度考えることが必要なようです。食品ロス研究に携わる小林富雄先生に聞きました。

●教えてくれた人 
小林富雄先生
愛知工業大学経営学部経営学科教授、サスティナブルフードチェーン協議会代表理事、ドギーバッグ普及委員会委員長。食品のサプライチェーンから発生する食品ロス研究に携わり、出版、執筆、講演などを行う。近著に『増補改訂新版 食品ロスの経済学』(農林統計出版)他多数。

消費者、生産者、事業者、
みんなで目指す“価値共創”

FRaU 世界中で、まだ食べられる食料が年間13億トンも廃棄されているとは衝撃です。一方で、飢餓で苦しんでいる人もいるのに矛盾していますね。

小林 フードロスの問題というのは、飢餓以外にも生産・サプライチェーンにおける収穫後損失の問題、大量廃棄による環境負荷の問題、地球の人口増加による食料不足も深刻で、さまざまな社会問題とつながっています。

FRaU 問題山積みでクラクラします……。

小林 国の状況に応じて問題も少しずつ違うので各国それぞれの対策が必要です。実は開発途上国でもフードロスが発生しています。途上国は食べ物を作っても技術不足で収穫ができず、また、交通環境、保存設備、加工施設などのインフラが整っていないため、やむをえず捨ててしまうことが多いのです。途上国と先進国ではフードロスの発生段階が違うということが重要なポイントで、これに関しては生命にかかわることもあり、早急に動かなければいけない

一方、日本など先進国はできるだけフードロスをなくしていこうという段階です。日本は戦中戦後、食料がない貧しい時代があった。「もったいない」はいまでも通じる言葉ですが、ものがなかった当時とは意味合いが微妙に違う。だから、なんでもかんでも「フードロス反対!」と強行すると、逆に今の暮らしや人間関係が壊れていく可能性もある。学校で給食を全部食べきれなくて、一人残って食べさせられた経験が僕もあるんですけど、果たしてそういう極端なやり方でいいのか考えるタイミングにきています。どのような現状だからどのようにフードロスを減らすのか、我々はその目的を真剣に考えなければなりません。

FRaU 確かに、日本は貧しさから這い上がって恵まれた食環境を手に入れた。そのことをまず知ったほうがよいということですね。その大前提があり、現代の日本において、優先的に改善すべきはどんなことでしょう?

小林 僕が気になっているのが、生産と消費の関係です。ここが完全に分断していると感じるのは、プロセスが「効率化」の名の下に数量と価格だけで進んでいるからです。数字に表れやすいところばかりが目立ってしまって、本質が取り残されているように感じます。