日米の「差」は縮められる photo/iStock

「技術大国」日本、じつはこれから「世界1位」に大復活しそうなワケ

日本の未来は明るい

「良いテクノロジー」であれば勝てるという幻想

90年代はインターネットの時代でした。多くのビジネス、テクノロジーの業界の人間はインターネットの可能性に狂乱していました。Windows95が登場した以降はまさにバブルそのものでした。私もインターネットの可能性を強く感じていた1人ですが、インターネットというインフラ、それにまつわる技術を制覇できることが最も大事で、完全に技術ドリブンに考えていた1人です。

Windoes95は人々を熱狂させた photo/gettyimages
 

確かに技術は大事です。しかし今振り返ってみると、大成功したGAFA、日本でもヤフーや楽天など、どれだけ技術があったでしょうか。最初は素人ながらのコーディングからスタートした企業も多かったでしょう。多くの起業家はスーパーエンジニアであったでしょうか。ビルゲイツはそうかもしれませんが、多くの起業家はスーパービジネスパーソンと呼ぶ方が近いのではないでしょうか。

つまり、実際にはテクノロジーだけではビジネスの成功は約束されておらず、ビジネスで勝つにはビジネスのルールを学び、武器を活用する必要があるのです。それがまさに「経営」だと考えています。

その後の実態は私が説明するまでもないでしょう。失われた10年、20年、30年と言われますが、特に失われた20年を語る上ではこの技術偏重が招いた功罪は極めて大きいと言わざるを得ません。ある種の過信から来る経営判断、国内での過当競争の放置、撤退判断の遅れ、中途半端な投資、これらが日本の産業の競争力を削り取っていってしまいました。

当時、理系の学生であった私は多くの産業構造について知る由もありませんでした。今の頭の良い理系の学生は私よりももっとそのことを頭では理解しているでしょう。実際に何をどうすれば良いかわかっていないのが実態ではないでしょうか。

私は宇宙産業に身を置いていた結果、インターネット業界より先に現実を突きつけられました。大きな課題に直面していたからこそ、技術ドリブンだけでは世の中に価値が提供できないということを当時から気が付くことができたように思います。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/