2021.09.27
# 教育資金

100万円の「教育資金」を、息子の大学入学前に使い切ってしまった48歳父の大誤算

注意すべき「3つのポイント」
長尾 真一 プロフィール

さらに上京して一人暮らしをするため、住まい探しに行く交通費、契約時の仲介手数料や敷金、そして引っ越し費用や家財の購入費用など、山本さんの想定を上回る金額が入学前に掛かることが分かりました。

次男も私立の高校に進学するため、入学金や制服・学用品の購入にお金がかかります。このままではどう考えてもお金が足りません。

山本さんは「奨学金でなんとかならないか?」と考えましたが、日本学生支援機構の奨学金は入学後に手続きをしてからでないと貸与は始まらないとのことでした。漠然と「奨学金に採用されたからこれでなんとかなる」と思っていたのが、奨学金では入学前の出費には対応できないことに今になって気付いたのです。

Photo by iStock
 

山本さんも岡田さんと同じく「国の教育ローン」を利用することにしましたが、審査に一定の時間を要するため授業料の納入期限に間に合うか微妙なところでした。しかし幸い入学金は納入済みだったので、大学に事情を伝えて相談すると、授業料の納入期限は少し待ってもらえることになりました。

その後、無事審査に通って教育ローンの融資が受けられ、授業料・施設設備費を納めることができました。また「国の教育ローン」では一人につき350万円まで融資が受けられるので、下宿に伴う費用なども借り入れたお金で対応することができました。なんとかぎりぎりで長男は希望する大学に進むことができたのです。

関連記事

おすすめの記事