前回の記事では料理家・村上祥子さんの最新刊『80歳、村上祥子さんの元気の秘訣は超かんたんレンチンごはんだった!』から、村上さんの数あるレシピの中でも最高傑作として知られる「にんたまジャム」の作り方を紹介し、大きな反響を得た。

にんにく×玉ねぎを組み合わせたこのジャムは電子レンジで簡単に調理でき、長期保存も可能。しかも、血液をサラサラにしてくれる効果もあって、ダイエットやアンチエイジングも期待できるという魔法の調味料。今回はこの「にんたまジャム」を使ったアレンジレシピを最新作から抜粋して紹介する。

サバ缶とじゃがいもの豆乳スープ

最新刊『80歳、村上祥子さんの元気の秘訣は超かんたんレンチンごはんだった!』より
-AD-

材料(1人分)

サバ缶(水煮)…正味100g
サバ缶の缶汁…大さじ2
じゃがいも…小1個(100g)
A 豆乳…100㎖
  にんたまジャム(作り方はこちら)…大さじ1
粗びき黒こしょう…適量

作り方
1.じゃがいもは1cm角、5~6cm長さの棒状に切る。
2. 耐熱ボウルにサバ缶の身と缶汁を入れて身を粗くほぐし、A を加え、1をのせる。
3.ラップをかけずに電子レンジ(600W) で5分加熱する。取り出して混ぜ、器に盛って粗びき黒こしょうをふる。

ムラカミMEMO
豆乳に含まれるイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで知られています。ホルモンバランスを整え、骨粗鬆症予防にも。