80歳で現役料理家として活動する村上祥子さんがこれまで出版した著書は500冊を越え、累計発行部数746万部に渡る。その数々のレシピの中でも最高傑作の一つとしてファンの間でも人気の高い「にんたまジャム」。にんにくと玉ねぎをジャムに?なかなか想像できない組み合わせではあるものの、一度食べればやみつきになること必至!

村上さんの最新刊『80歳、村上祥子さんの元気の秘訣は超かんたんレンチンごはんだった!』にも掲載されている「にんたまジャム」のレシピを特別に抜粋して紹介する。

にんたまジャムのここがすごい!

photo by iStock
-AD-

にんにくと玉ねぎを煮詰めて作るにんたまジャムは、大さじ2杯分を食べるだけで1日に必要な量を摂取することができるスペシャルな調味料。血液をサラサラにしてくれる効果があり、体がいつでもポカポカで、アンチエイジング効果も抜群。他には、便秘が解消される、血糖値が下がる、糖尿病と高血圧の予防・改善の効果もあるなど、体に嬉しいことが満載。一度作れば、冷蔵で1か月間保存可能で継続しやすいところも魅力。しかも、電子レンジで簡単に作ることができるのだ。