『仮面ライダー電王』でブレイクした佐藤健[Photo by gettyimages]
# エンタメ

ジャニーズに肉薄する「仮面ライダー出身」イケメン俳優が、大活躍している理由

最近のドラマでも、異例の躍進ぶり

いつの間にか一大勢力に成長

お気づきでしたか? 『仮面ライダー』出身俳優陣の躍進ぶり。

いつの間にやらジャニーズに匹敵する巨大勢力となっているのです。

オダギリジョーさんが2000年に始まった『仮面ライダークウガ』(テレビ朝日系、以降紹介する『仮面ライダー』シリーズも同様)で主演し、ブレイクしたのはご存知のとおり。

『仮面ライダークウガ』の五代雄介役でブレイクしたオダギリジョー[Photo by gettyimages]
 

ほかにも『仮面ライダーカブト』(2006年)主演の水嶋ヒロさん、『仮面ライダー電王』(2007年)主演の佐藤健さん、『仮面ライダーキバ』(2008年)主演の瀬戸康史さん、『仮面ライダーW(ダブル)』(2009年)主演の菅田将暉さん、『仮面ライダーフォーゼ』(2011年)主演の福士蒼汰さん、『仮面ライダードライブ』(2014年)主演の竹内涼真さんといった、そうそうたる人気俳優を輩出しているのです。

『仮面ライダー電王』で主役を務めた佐藤健[Photo by gettyimages]
『仮面ライダードライブ』で主役を務めた竹内涼真[Photo by gettyimages]

とはいえ、嵐やKing & Princeといった超人気グループをいくつも抱え、SixTONESやSnow Manといった新興グループの活躍も目覚ましく、テレビ局に忖度させるほどの影響力を持つジャニーズ帝国には、まだまだ及ばないと考えている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ドラマの主要キャストに名を連ねる割合で、仮面ライダー俳優たちはジャニーズ俳優たちに肉薄する勢いなのです。コラムニストである筆者が解説させていただきます。

夏のドラマ界を大いに盛り上げた

「仮面ライダー俳優」を、“仮面ライダー役を演じたことがある役者”と定義すると、NHKや主要民放局で今夏放送されていたドラマへの仮面ライダー俳優の出演数は、かなり多いことに気づかされるでしょう。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/