2021.09.23
# 中国

習近平が「アメリカ潰し」でマジで始めた「現代版・アヘン戦争」のヤバすぎる罠!

藤 和彦 プロフィール

米調査報告書の「衝撃の中身」

強力な薬物が出回っていることも懸念材料だ。

CDCによれば、昨年の薬物中毒死のうちオピオイド(医療用の麻薬性鎮痛薬)が原因となるケースが全体の約75%を占め、2019年の5万963人から6万9710人に増加したという。

中でもフェンタニル(合成オピオイド)はモルヒネやヘロインの50倍以上の強さがあり、純度100パーセントなら2ミリグラムで死に至るとされる。

パンデミック対策で国境管理が格段に厳しくなっているのにもかかわらず、メキシコの犯罪組織のせいでフェンタニルの米国への流入が加速しているが、「もともとの製造国は中国だ」と米国政府は考えている。

薬物の出元は中国…? photo/iStock
 

米連邦議会に設置された米中経済及び安全保障審査委員会は8月24日に、「中国からの違法なフェンタニルの流入に関する調査報告書」を公表した。

同報告書は(1)米国に流入している違法なフェンタニルのほとんどは中国産であること、(2)フェンタニルの原料が中国からメキシコに輸出され、メキシコの麻薬カルテルがフェンタニルを同国内で生産し、米国に運び込んでいること、(3)これらの取引に関して中国のブローカーは中国の金融システムを利用したマネーロンダリングを行っているが、米中当局間の協力が十分でないことなどを指摘している。

関連記事

おすすめの記事