Photo by iStock
# ライフ

結婚相手との「偶然の出会い」を期待する人が犯している「致命的な勘違い」

「婚活疲れ」の秘密を解き明かす

「やっぱり、自然な出会いがいい」

婚活相談に乗る中で、何度も耳にしてきた声だ。確かに……と、長年恋愛・婚活相談に乗ってきた私も、共感する面がある。

マッチングアプリで「いいね!」を押し、相互に「いいね!」した相手とメッセージのやりとりをする。それからデートの約束を取り付け、出会う。この繰り返しは確かに機械的だ。いわゆる「偶然出会って、恋をして、そのまま付き合って結婚」という流れとは、大いに異なる。

Photo by iStock
 

よく聞く「婚活疲れ」の正体

リクルートブライダル総研調べの婚活実態調査2021によると、2020年に成婚した人のうち、婚活サービスの経験者は33.1%まで増加。特に新型コロナウイルスが流行してからは、街中へふらっと繰り出す機会も減り、偶然の出会いもずいぶんと減った。いまや、マッチングアプリを始めとした婚活サービスの利用は、ごく当たり前のものだ。

ではそのマッチングアプリ、いったいどのような仕組みなのか。まず、あなたが会員登録をすると、ずらりと「恋人候補」が並ぶ。あなたはその候補を見ながら、ちょっと気になる相手へ「いいね!」ボタンを押す。お互いに「いいね!」を押し合うと、メッセージのやりとりが可能になる。アプリによっては、メッセージのやりとりが有料になる……という仕組みだ。

そして、大半のマッチングアプリにおいて、女性ユーザーは、男性から多数の「いいね!」を受け取る。そのため、次第に大量のメッセージに返信するのが苦痛となる「婚活疲れ」を引き起こしやすい。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/