ソフトバンクグループが、なぜか「投資」ばかりするようになった「本当のワケ」

巨大企業と巨大投資家の時代へ

かつてないほど「力」を持つ時代

すでに上場した企業は稼ぐ力を持っていることが一般的です。

したがって、多くの場合、事業から稼ぎ出す資金を再投資することで、さらなる成長を目指すことが可能になります。

投資家は、会社に追加出資することなく、すでに持っている株式により、さらに大きな富を得る機会を得るようになりました。これがトマ・ピケティの「r >g」の資本収益率です。

トマ・ピケティ photo/gettyimages
 

こうして資本主義とイノベーションにより二つの大きな力が生まれるようになりました。

一つは、GAFAMに代表されるような大手IT企業の登場で、もう一つは世界最大の資産運用会社で900兆円と言われる資金を運用する BlackRockなど大手資産運用会社の登場です。

企業と投資家が歴史上見たことがないほど、大きな力を持つ時代が到来したのです。

これはある意味、当然の方向性です。物理法則のように、資本主義とイノベーションの法則に沿って物事が進んでいるにすぎないのです。

SPONSORED